介護ゆめ日記…ブログ

虚血性心疾患、心不全、認知症進行中の母との日々の記録です。心臓病もだけど、認知症がこれ以上進まないように、認知症とうまく向き合えるようにと色んな試みをしてみようと思ってます

とうとう入院

やっぱり入院だった


朝早く施設から電話があって、朝食後嘔吐がひどく
喉に詰まる可能性もあるので、病院へいった方がいいですとのこと


○先生からもメールが届いていて
ナトリウムの結果が110でスゴく低いので注意が必要とのこと


急いで○先生のクリニックへ行き、誤嚥の可能性も出て来たので
大学病院に連絡してもらった


土曜日の午後は入院できるかなあと先生も心配してくれていたけど
なんとかベッドの空きもあり
入院となった


Na K CLが かなり低く昏睡状態一歩手前だった


点滴開始して少し話せるようになったけど


目はうつろ ろれつはまわらない 足に力が入らずたてない
今はベッドから自力で起き上がることはできない
尿量をはかるために導尿になった
辛いだろうな


手は少し動かせるようになったけれど、
これが災いして拘束されることになった


点滴チューブを抜く可能性があるからとのこと
さっき病院から電話が入り
身体拘束に関しては、口頭同意となった



にほんブログ村





にほんブログ村




<span style=にほんブログ村 介護ブログへ" />
にほんブログ村

急変

長い1日だったなあ


お昼に施設から倒れて様子がおかしいので病院へつれって行った方がいいと思いますと
連絡があり、急いで施設へ


あまりの変貌でビックリ


母の顔ではなくなっていた


口をぽかんとあけてうつろな目


言葉も上手く話せず


たった1日でこんなにも変貌するんだろうか


昨日まで自立して洋服も着れたし、トイレも行けたし、ご飯も食べられたのに


今日は歩くことも、ご飯を食べることも、水を飲むことも出来ずに


それでも、頑張って大丈夫歩けると言っている


食べたものは吐いてしまった


誤嚥性肺炎にでもならなければいいけど、


どうぞ今晩熱が出ませんように!



家に帰りたい症候群

ここのところ毎日、夕方になると施設の部屋を片付けだし、
スーツケースに自分の持ち物をしまいだすらしい・・・


この時期に帰りたくなる症状を黄昏症候群というらしい


今日はもうじき娘がお迎えに来るので、夕飯はたべません!
といって頑固として夕飯も薬も拒否してしまったようで
夜8時過ぎに施設の介護士さんから
私たちではどうにもできなくなったので、いま、こちらに来てくれませんか?
と電話がはいった


さすがにこれから施設へ行くのは・・・・
ということで、電話口に母を出してもらい


今日行かないことを説明して、
遅い夕食を食べてもらった